薄毛治療一般

植毛した髪はAGAの影響を受けない?

更新日:

植毛と言うといまだに根強く信じられているのが「植えてもすぐに抜けてしまう」。

確かに、すぐに抜けるなら大金をかけて痛い思いをして手術を受ける価値はありませんよね。

でも、本当の所はどうなんでしょうか?

 

植毛した髪は一生生え続ける

植毛した髪がAGAの影響を受けることはありません。後頭部の髪のように、ほぼ一生涯生え続けます。

なぜなら、「ドナードミナンス」(ドナーの髪は、別の場所に移っても同じ性質を持ち続ける)という原理に基づいて自毛植毛は行われているからです。

将来AGAの影響を受けないと思われている場所、例えば後頭部や側頭部から採られた移植毛は、植え付けられた先でもAGAの影響を受けて脱毛することはありません。

AGAは進行性ですが、「せっかく移植してもしばらくしたら抜けてしまうのではないか」という心配は無用。大切なのは、ドナーとなる部分の毛が抜けない運命にあるかどうかです。

将来的にも抜けない場所にある毛なら、薄毛の部分に移植してもAGAの影響は受けません。理論上は、身体のどこに植毛しても、元の性質を持ったまま定着します。

しかし、植え付けられる場所の血行や皮膚の厚みの影響をまったく受けないわけではありません。それでも、AGAの影響によって薄くなることはないのです。

 

採られた髪は移植先で定着する

後頭部から採られた髪は、移植先においてしっかりと定着してくれます。

通常の施術では、後頭部付近や側頭部をドナーとして採用します。これらの部分は抜けないという性質を持っているのでドナーに適しており、薄毛が気になる部分をカバーするために植毛できます。

移植された毛は、以前に生えていた場所での発育と同じように成長を続けてくれるのです。薄くなる個所に移植したからと言って、元々の遺伝子情報まで変わる事はありません。

FU(毛包組織)の場合、1個ずつそれぞれが遺伝子情報を持っていて、男性ホルモンに対する過敏な反応ゆえに抜けてしまうものと、影響を受けずに成長するものに分けられます。

抜けない遺伝子を有している後頭部の髪を移植することによって、抜けてしまった部分、現在少なくなってきている部分をカバーするのが植毛の基礎概念となっています。

実績の確かな自毛植毛(専門)クリニックを受診すれば、不安に思うことなく悩みを解消できます。

 

経験豊富なクリニックを選ぶ

自毛植毛は、局所麻酔を伴う外科手術であり、移植手術です。それだけに、経験の浅い医師に任せるのは不安ですよね。

その点、現在どこの自毛植毛専門病院も無料カウンセリングをしてくれるので、まずは無料相談で医師の意見を聞いてみるのはいかがでしょうか。

できれば複数の自毛植毛専門クリニックに行くことをオススメします。

経験値で差があるだけでなく、FUTとFUEどちらが専門なのか?といったそれぞれの得手・不得手があるからです。

様々な病院を比較し、自分が最も納得のいった病院を選びたいものです。

 

source: Predicting the Permanent Safe Donor Area for Hair Transplantation in Koreans with Male Pattern Baldness according to the Position of the Parietal Whorl

-薄毛治療一般

Copyright© 科学的育毛剤講座 , 2019 All Rights Reserved.